• ホーム
  • おいしいコーヒーのいれ方

おいしいコーヒーのいれ方

珈琲は豆の状態、挽き方、いれ方、飲む人の感じ方によって、味はそれぞれ違います。

自分に合った好みの珈琲を追求してみるのも珈琲を楽しむ事のひとつです。





おいしい珈琲を飲む為には…



1.新鮮な焙煎豆を使う。

2.新鮮な水を使う。

3.好みの抽出温度と抽出時間を決めて抽出する。






《分量》



目安としてメジャーカップ1杯10gが珈琲カップ1杯分の分量です。

※やや粗挽きにして分量を多めにするとさらに珈琲の旨味が増し、おいしい珈琲を楽しめます。



《保存方法》

珈琲は食材の匂いを吸収しやすいので香りが移らないように、
また、香りが飛ばないように密封ビンに入れます。

夏場は涼しい所(または冷蔵庫)、冬場は常温で保存。

高温多湿はお避け下さい。





【おいしいコーヒーのいれ方】

1)ペーパーフィルターのミシン目を折る。

①底を手前に折る  ②わきを①とは逆側に折る


2)ペーパーをドリッパーにセットし、挽いた粉を入れる。

※ペーパードリップ用は中挽き。通常、挽き=中挽きです(当店)
 粗挽き(パーコレーター用)細挽き(エスプレッソ)など、用途に応じた挽き方があります。



3)沸騰させて冷ましたお湯(87~92℃くらい)を粉全体が湿るよう回し入れ、サーバーに抽出液が落ちそうになったら注湯を止め、そのまま20秒ほど蒸らす。
※粉に湯が浸透して一粒一粒の繊維が広がり、粉がふくらみます。コーヒーの成分を効果的に効果的に抽出させることができるのです。



4)ふたたび注湯する。中心から円を描くように、フィルター内の湯量を保ちながら注湯します。

ふちには注湯しないように注意!



5)人数分の注湯液がサーバーにたまり次第ドリッパーをはずして出来上がり。

  ※抽出しきってしまうと脂質や雑味成分が出てしまいます。





【おいしいアイスコーヒーのつくり方】



1)ホットコーヒーをいれる時と同量か、少し多めのアイスコーヒーの粉を熱湯でおとします。

  ※要領はホットコーヒーをいれる時と同じです。



2)氷を入れた冷水にサーバーごと入れ、急激に冷ましまして出来上がり!

  ※サーバーに直接氷を入れるとコーヒーが薄くなってしまいます。


ログインフォーム

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

豆ランキング
カード決済について