• ホーム
  • アロマブレスパックについて

アロマブレスパックについて

珈琲豆とお届けする”袋”について

焙煎したてのコーヒー豆は「炭酸ガス」を放出します。焙煎したてのコーヒー豆をドリップすると膨らむのはこの「炭酸ガス」の影響です。つまり「炭酸ガス」の量はコーヒー豆の「新鮮さ」を見分けるバロメーターなのです。

焙煎したてのコーヒー豆を袋にいれ密封すると「炭酸ガス」でパンパンになってしまいます。そのため大和屋では、焙煎したてのコーヒー豆を詰めてもパンパンにならないパッケージ「アロマブレスパック」を使用しています。

「アロマブレスパック」はコーヒー豆から放出される「炭酸ガス」を袋の外に出し、空気が入りにくい状態が保てるコーヒー豆専用のパッケージです。


コーヒー豆のまま、挽き、ともに「アロマブレスパック」に詰めてお送りしますが、挽いて粉にしたコーヒーは豆よりも酸化が早いのでなるべく早めにお召し上がりください。大和屋では、豆のままお買い求めいただき、お召し上がりになる前に挽いていただく「おうちカフェ」をおすすめしております。

※開封した後は必ず密閉容器で保存し、なるべく早めに「香り」と「コク」をお楽しみください。

ログインフォーム

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

豆ランキング
カード決済について